2014/04/21 Mon

シトロエン2CV車検整備

こんにちは。栃木県のPEUGEOT.CITROEN.EUROPEAN CAR.ラテン車修理の
ガレージフクダです。
今回のお話しはシトロエン2CVクラブ<1984年>(旧車) 車検整備
DSC05149-s.jpg

まずはシャシ左右にグリ−スアップ。
DSC05200-s.jpg
DSC05203-s.jpg

トラックエンドブーツ亀裂のため交換。
DSC05239-s.jpg
DSC05264-s.jpg

左側が新品の物。
DSC05285-s.jpg

交換後。
DSC05291-s.jpg

右側ドライブシャフトインナーブーツの亀裂で交換。
DSC05233-s.jpg
DSC05235-s.jpg

左側が新品の物です。
DSC05255-s.jpg

グリースを入れブーツ交換。
DSC05267-s.jpg

車両側に取り付け。
DSC05270-s.jpg

ブレーキマスターシリンダーよりオイル漏れ。
DSC05226-s.jpg

ペダルごとAssy取り外し。
DSC05297-s.jpg

右側が新品マスターシリンダーです。
DSC05306-s.jpg

マスターシリンダーをペダル側に取り付けて、車両に取り付け。
DSC05310-s.jpg

パイプシールを交換しLHMオイルエアー抜き。
DSC05309-s.jpg
DSC05311-s.jpg
DSC05313-s.jpg
DSC05319-s.jpg

次にポイントとコンデンサーの交換。(社外のValeo製)
DSC05279-s.jpg
DSC05320.JPG

ポイントは結構摩耗していました。
DSC05323-s.jpg
DSC05324-s.jpg

コンデンサーを交換し。
DSC05330-s.jpg

各部調整
@ポイントのギャップの調整(ギャップは0.45mmで調整しました)
A点火時期の調整(車に向かって右側の小さな穴)
この穴に5.5mmのキリを入れフライホイールを回していくと一か所
入る穴があります。
Bタイミングの調整
イグニッションオンにしてイグニッションコイルのマイナスにサ−キット
テスターを繋ぎポイントケースを回していくと電気がくる場所があります。
電気がくるかこないかの場所が一番良いです。
DSC05331-s.jpg
DSC05333-s.jpg
最後にファンベルトを交換し終了です。

お問い合せフォーム:http://www.garage-fukuda.jp/postmail/contact.html

『有限会社 ガレージフクダ』
http://www.garage-fukuda.jp
〒321-2344 栃木県日光市猪倉3625
TEL:0288-26-1437 / 営業時間:AM10:00〜 / 定休:火曜・祝日

posted by Dr.Peugeot at 15:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | CITROEN
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/93393079
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
プジョーシトロエンアルファロメオルノーフォルクスワーゲンボルボFIATBMWMINICOOPERラテン車
栃木宇都宮群馬茨城水戸埼玉福島山形仙台東京神奈川メンテナンス