2013/09/07 Sat

プジョー205GTI <87年> 車検整備

こんにちは。栃木県のPEUGEOT.CITROEN.EUROPEAN CAR.ラテン車修理の
ガレージフクダです。
今回のお話しはプジョー205GTI 1987年 1.6L  車検・整備
以前、リフレッシュで手を入れた205ですが、残っていた箇所と
車検整備で入庫です。
DSC01364s.jpg

マフラーの溶接部分から亀裂。
DSC01374s.jpg
DSC01375s.jpg

触媒の間をステンテスパイプに交換加工。
DSC01516s.jpg
DSC01533s.jpg
DSC01709s.jpg

インテークマニホルドガスケットが衰弱し、エアーを吸ってしまうので
ガスケットの交換。
DSC01383s.jpg
DSC01389s.jpg
DSC01402s.jpg

セルモーターの交換。
インテークの下についているので今後の事も考えオーナ様のご意向
もあり交換する事に。
DSC01422s.jpg

バレオ製の純正社外品です。(下側)
DSC01581s.jpg
DSC01589s.jpg

スロットルバルブの清掃。
DSC01462s.jpg

セルモーターとインテークマニホルドの取り付けが終わり
DSC01674s.jpg

次にクーラントを抜いて、交換時期でしたのでタイミングベルトと
テンショナー、ウォーターポンプ交換。
DSC01403s.jpg
DSC01479s.jpg

殆ど、お決まり状態のウォーターポンプからのクーラントの滲み。
左側が現車の物。
DSC01485s.jpg
DSC01487s.jpg

テンショナー、右側が現車の物。
オイルシールからグリースが滲んでいます。
DSC01490s.jpg

タイミングベルト交換調整が終わり。
Vベルトの交換。(ドライブベルトとエアコンベルト)
DSC01504s.jpg
DSC01671s.jpg
DSC01672s.jpg

次にミッションオイルを抜き、ドライブシャフトの取り外し。
DSC01425s.jpg
DSC01431s.jpg

ドライブシャフトインナーブーツに亀裂があるので交換。
DSC01432s.jpg
DSC01611s.jpg
DSC01685s.jpg

ミッションオイルの給油。オイルは、MOTUL/75W80を使用。
DSC01632s.jpg

次にリア左右ホイールシリンダーの交換。
(動きが良くないのとオイル滲みで)
リアライニングの交換。(磨耗し残量が無い為)4枚セットです。
DSC01559s.jpg
DSC01556s.jpg

ブレーキオイルの交換。オイルはATE/ SL DOT4を使用。
DSC01580s.jpg

バッテリーターミナル+側の交換。(接触不良の為)
DSC01691s.jpg
DSC01694s.jpg

走行距離は109,669Kmです。
DSC01695s.jpg
後は、エンジン始動が良くないので、現在B/Oになっている
フューエルプレッシャーレギュレーターを交換予定ですが
吸気系も駆動系も状態はかなり良くなりました。
プジョー205GTIの修理、メンテナンスでお悩みの方お問い合わせ
下さい。
お問い合せフォーム:http://www.garage-fukuda.jp/postmail/contact.html

『有限会社 ガレージフクダ』
http://www.garage-fukuda.jp
〒321-2344 栃木県日光市猪倉3625
TEL:0288-26-1437 / 営業時間:AM10:00〜 / 定休:火曜・祝日

posted by Dr.Peugeot at 14:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | PEUGEOT
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/74284492
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
プジョーシトロエンアルファロメオルノーフォルクスワーゲンボルボFIATBMWMINICOOPERラテン車
栃木宇都宮群馬茨城水戸埼玉福島山形仙台東京神奈川メンテナンス