2013/04/01 Mon

プジョー206S16 リフレッシュ

こんにちは。栃木県のPEUGEOT.CITROEN.EUROPEAN CAR.ラテン車修理の
ガレージフクダです。
今回のお話しはプジョー206S16 <1999年>RFR
お客様が中古車屋さんで購入。
調子が悪いので、きちんと乗れるようにして下さいと整備のご依頼でした。

リフトで上げて状態をみると一箇所、二箇所どころではなかったので
現車を見ながらお客さまに相談。時間と金額がかかってしまいますと
お話しをしましたが、それでも構いませんとの事でした。
見積りを作成しOKがでましたので整備に取り掛かります。
DSC00001s.jpg

走行距離は105,131Kmです。
DSC08014s.jpg

まずはエンジン不調の修理。
バルブピストンの詰まりで不調な為、16コ交換。
エンジンアッパーマウントを取り外してみるとなぜかマウントの
上にシリコン接着ボンドが・・・
DSC07975s.jpg
DSC07980s.jpg
DSC07982s.jpg

新品のエンジンアツパーマウントに交換しました。
左側が新品エンジンアツパーマウントです。
DSC07983s.jpg
DSC07984s.jpg

次に、タイミングベルトの取り外しです。
今回中古で購入した為、過去の整備データーが無いのでタイミングベルト、
テンショナー、テンショナーローラー、ウォーターポンプも交換。
実際、タイベルも衰弱していました。
DSC07990s.jpg
DSC07993s.jpg

カムハウジングとカムシャフトを外しバルブピストンの交換。
DSC07996s.jpg

上側が新品のバルブピストンです。
DSC08072s.jpg
DSC08075s.jpg
DSC08080s.jpg

カムハウジングを取り付け、フロントカムオイルシールIN側、EX側交換。
DSC08091s.jpg
DSC08098s.jpg

ウォータポンプの交換とOリングの交換。下側が新品ウォーターポンプです。
DSC08002s.jpg
DSC08013s.jpg
DSC08014s.jpg

モーターキット。右側が新品パーツです。
DSC08126s.jpg

タイミングベルト取り付け。
DSC08139s.jpg

スパークプラグ、IGコイルも交換です。下側が新品プラグ。
DSC08145s.jpg

上側が新品のコイル。
DSC08147s.jpg
DSC08148s.jpg

次にフューエルポンプ(燃圧が低い為、交換)
DSC00002s.jpg
DSC00005s.jpg

新品のフューエルポンプ、Oリング、キャップです。
DSC00004s.jpg
DSC00006s.jpg

フューエルフィルター同時交換です。
DSC00007s.jpg
DSC00008s.jpg

次に下廻り。フロントとリアのハブベアリング(音とガタで交換)
左右サスペンションAssyを取り外し。
DSC03634s.jpg
DSC03636s.jpg

左右ハブベアリングを圧入して交換。新品のハブベアリング取り付け。
DSC03688s.jpg
DSC03691s.jpg
DSC03692s.jpg
DSC03697s.jpg

リアハブベアリングの交換。(ガタがある為)
DSC07600s.jpg
DSC07602s.jpg

上側が新品のリアハブベアリングです。
DSC07604s.jpg
DSC07618s.jpg
DSC07619s.jpg

フロントとリアディスクローターは、MVSを使用。
ディスクパットは、フェロードDS2500を使用。
DSC04898s.jpg
DSC04903s.jpg
DSC04906s.jpg
DSC06220s.jpg
DSC06224s.jpg
DSC06227s.jpg
DSC06228s.jpg

整備している間に、クーラントがどこからか漏れてきました。
DSC06171s.jpg

鏡で見てみるとリザーブタンクとヒーターホースの間でした。
DSC06182s.jpg

パーツを注文するとパーツの変更でリザーブタンクとヒーターホースの変更。
DSC06378s.jpg
DSC06379s.jpg
DSC06380s.jpg
DSC06381s.jpg
DSC06387s.jpg
DSC06388s.jpg
DSC06389s.jpg

次にヒーターパイプの交換。(クーラント漏れの為パイプの交換)
DSC08467s.jpg

左側が新品のパイプです。
DSC08468s.jpg
DSC08469s.jpg

クーラント給油しエアー抜きをし終了。
DSC08471s.jpg

次にエンジンロアマウントAssy交換。
ミッションオイルを抜き、右側ドライブシャフトAssyを取り外し交換。
右側が新品のエンジンロアマウントです。(今回、マウントAssyで交換)
DSC01911s.jpg
DSC01947s.jpg

次に電動ファンモーター不良で交換(まったく回らない)
右側が新品の電動ファンです。
DSC03525s.jpg
DSC03527s.jpg
DSC03528s.jpg

レジスターも同時交換です。左側が新品です。
DSC03519s.jpg
DSC03522s.jpg

エンジンオイルゲージとウォッシャータンクキャップの交換。
DSC08461s.jpg
DSC08466s.jpg
DSC08462s.jpg
DSC08465s.jpg

次回、続編につづく・・・
プジョーの修理・メンテナンスでお悩みの方、お問い合わせ下さい。
お問い合せフォーム:http://www.garage-fukuda.jp/postmail/contact.html

『有限会社 ガレージフクダ』
http://www.garage-fukuda.jp
〒321-2344 栃木県日光市猪倉3625
TEL:0288-26-1437 / 営業時間:AM10:00〜 / 定休:火曜・祝日

posted by Dr.Peugeot at 14:43 | Comment(2) | TrackBack(0) | PEUGEOT
この記事へのコメント
はじめまして 
私もプジョーに取りつかれている札幌の車屋です。

御社のブログ、毎回大変参考にさせて頂いております。


ご質問があるのですが、206にて何台かロアエンジンマウントを交換されてますが、現在当社で2003年の206SW XS NFUのロアマウント交換をしているのですが 右のドライブシャフトが全然ビクともせず外れません。スラハンでひっぱたりマウント部で反対から叩いたり。根元から煽ったりと丸1日やりましたがビクともしません。。

なにか外すコツはありますか?あればご伝授下さい。宜しくお願い致します。
Posted by そっさん at 2013年04月26日 21:18
こちらごそ、はじめまして。
いつもblogを覗いて下さりありがとうございます。

ご質問の件ですが、右側ドライブシャフトのセンターにベアリングが入っていますがロアマウントとベアリングが固着しているのではないでしょうか。
ベアリングの付け根に衝撃を加えてみましたか。
(デフ側からハブベアリングの方向へ)
それでも外れないようでしたらお電話を頂ければと思います。
なんらかのアドバイスが出来れば幸いです。
Posted by Dr.プジョー at 2013年04月27日 11:50
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/64047640
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
プジョーシトロエンアルファロメオルノーフォルクスワーゲンボルボFIATBMWMINICOOPERラテン車
栃木宇都宮群馬茨城水戸埼玉福島山形仙台東京神奈川メンテナンス