2011/12/03 Sat

VW ニュービートル車検&整備

こんにちは。栃木県のPEUGEOT.CITROEN.EUROPEAN CARの
ガレージフクダです。
今回のお話しは2000年車 ニュービートル

DSC06201s.jpg
DSC06001s.jpg
LLCの漏れ。
現車の下廻りから覗いて見るとラジエターからの水漏れです。
まずエアコンホースを取り外すのでガス抜き。
DSC06002s.jpg
LLCを抜いて。
DSC06047s.jpg
フロントバンパー、左右フェンダー、左右ヘットライト、ラジエターコンデンサー
を取り外します。
DSC06010s.jpg
電動ファンとコンデンサーとラジエターを切り離します。
DSC06019s.jpg
修理が不可ですので、新品ラジエターにする事に。
DSC06127s.jpg
左側が新品純正社外品、右側現車の物です。
DSC06128s.jpg
どうやらこのサーモスイッチが原因で電動ファンが回らず、水漏れ
をしていました。
新品パーツに交換です。(下側、新品パーツ)
DSC06131s.jpg
ラジエターを組み付け、終了です。
DSC05910s.jpg
次にエンジンオイル漏れの修理です。
下から見るとタペットカバーパッキンからオイルが漏れています。
DSC05972s.jpg
INテークマニホルドを取り外し、タペットカバーパッキンの交換と
スパークプラグの交換を。
DSC05987s.jpg
DSC05988s.jpg
DSC06048s.jpg
タペットパッキンの交換とスパークプラグの交換が終了。
DSC06061s.jpg
次に左右ロアームAssyを取り外しブッシュ交換。
DSC06063s.jpg
ブッシュの亀裂。
DSC06062s.jpg
圧入で新品と入替え。
DSC06114s.jpg
DSC06116s.jpg
DSC06121s.jpg
DSC06123s.jpg
現車にロアアームAssyを取り付けして終了。
DSC06130s.jpg
触媒は現車の物は中がバラバラになり冷間時にかなり大きい
音がするので、中古触媒に交換。
DSC06616s.jpg
最後にエンジンオイルレベルゲージガイドを交換。
左側、現車の物を触るとプラスチックがポロポロと割れてしまうので
交換しました。これで今回の不調は解消しました。

最後にロードテストをし、車検を受けて終了です。
VWの修理、メンテナンスでお悩みの方お問い合わせ下さい。
お問い合せフォーム:http://www.garage-fukuda.jp/postmail/contact.html

『有限会社 ガレージフクダ』
http://www.garage-fukuda.jp
〒321-2344 栃木県日光市猪倉3625
TEL:0288-26-1437 / 営業時間:AM10:00〜 / 定休:火曜・祝日

posted by Dr.Peugeot at 12:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | VOLKSWAGEN
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/51175051
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
プジョーシトロエンアルファロメオルノーフォルクスワーゲンボルボFIATBMWMINICOOPERラテン車
栃木宇都宮群馬茨城水戸埼玉福島山形仙台東京神奈川メンテナンス