2011/02/20 Sun

プジョー206style E/Gオイル漏れ

こんにちは。栃木県のPEUGEOT.CITROEN.EUROPEAN CAR.ラテン車修理の
ガレージフクダです。
今回のお話しはプジョー206style 2004年 KFW
DSC00181s.jpg

距離は48,365Kmです。
DSC00227s.jpg

赤丸付近からのオイル漏れです。
DSC00182s.jpg

上からオイルが流れA/Cコンプレッサーの所に付着していますあせあせ(飛び散る汗)
DSC00186s.jpg
DSC00185s.jpg

エキゾーストマニホールドやパワステポンプを外すと一目瞭然です。
ヘッドガスケットよりオイル漏れです。KFWは結構多いですたらーっ(汗)
DSC00196s.jpg

シリンダーヘッドを外してガスケットの交換になります。
DSC00211s.jpg
DSC00210s.jpg

シリンダーブロックを磨き新品のヘッドガスケットを取り付けて
シリンダーヘッドをのせる準備に。
DSC00213s.jpg
DSC00215s.jpg

ヘッドボルトも同時交換です。上が新品、下が現車の物です。
DSC00218s.jpg

シリンダーヘッドの締め付けが完了しバルブクリアランスを調整。
DSC00219s.jpg

プジョー純正クーラントを入れオイル(TOTAL Quartz7000)
を入れエンジン始動。
DSC00224s.jpg
DSC00225s.jpg
DSC00222s.jpg

オイル漏れ無し、水漏れ無し、各部締め付け点検。
DSC00226s.jpg

ロードテストで異常無し、作業完了です。
プジョーの修理、メンテナンスでお悩みの方お問い合わせ
下さい。
お問い合せフォーム:http://www.garage-fukuda.jp/postmail/contact.html

『有限会社 ガレージフクダ』
http://www.garage-fukuda.jp
〒321-2344 栃木県日光市猪倉3625
TEL:0288-26-1437 / 営業時間:AM10:00〜 / 定休:火曜・祝日

posted by Dr.Peugeot at 11:08 | Comment(2) | TrackBack(0) | PEUGEOT
この記事へのコメント
タイミングベルト交換教えてください。カムシャフトの位置は、エンジンとカムシャフトギアに、ボルトを通して止める処は有りますが、クランクプーリーの切り欠きの位置がわかりません。処に合わせるのですか?どうか教えてください。よろしくお願いします。
Posted by 岡田博行 at 2015年01月04日 08:04
岡田博行さん

プジョー206(1.4)スタイルKFWのタイミングベルト交換の件ですが、クランクプーリーには切り欠きはありません。クランクプーリーを外すとその奥のタイミングピニオンに切り欠きが有ります。カムギアのタイミングが合っていれば時計の4の位置あたりに切り欠きがくるはずです。もしわからない場合は、お電話にてお問い合わせください。
Posted by Dr.プジョー at 2015年01月07日 15:52
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/43495278
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
プジョーシトロエンアルファロメオルノーフォルクスワーゲンボルボFIATBMWMINICOOPERラテン車
栃木宇都宮群馬茨城水戸埼玉福島山形仙台東京神奈川メンテナンス