2020/08/27 Thu

シトロエンC6エクスクルーシブ LDSオイル漏れ

こんにちは。
栃木県のプジョー・シトロエン・その他輸入車全般のメンテナンスショップ『ガレージフクダ』です。
今回のお話しは、シトロエンC6エクスクルーシブ 2008年車、LDSオイル漏れです。
以前ブログに書きました2009年車のC6と同じ箇所からの漏れです。
DSC02311-s.jpg

リフトアップをするとオイルがアンダーカバーを伝わって落ちていました。
DSC02312-s.jpg
DSC02315-s.jpg

エアコンコンプレッサーの上側からオイルが流れています。
その先は以前と同様パワーステアリングプレッシャーレギュレーター本体からのオイル漏れです。
DSC02318-s.jpg
DSC02321-s.jpg
DSC02326-s.jpg
DSC02340-s.jpg

シトロエンC6はプレッシャーレギュレーター単体での部品供給は無く、パワーステアリングホースと一体物です。
しかもこのホースは供給終了しています。
以前と同様に、プジョー607用のプレッシャーレギュレーターとOリングを流用します。
画像左新品プレッシャーレギュレーターとOリングです。
DSC02467-s.jpg

ハイドロを減圧し交換の準備に。
DSC02470-s.jpg

現車にOリングの取り付けです。
DSC02472-s.jpg

プレッシャーレギュレーター取り付けです。
DSC02473-s.jpg
DSC02476-s.jpg

LDSの給油です。
DSC02484-s.jpg

LDSオイル給油後、漏れの点検とテスターでグローバルテストを行い完了です。
DSC02485-s.jpg

走行距離は51586Kmです。
DSC02499-s.jpg

シトロエンC6はパワーステアリングプレッシャーレギュレーターからのオイル漏れが多いです。
しかも、部品供給終了と一見厄介ですが、プジョーパーツが流用できますので、しばらくはお乗りいただけると思います。

シトロエンの修理・メンテナンスでお悩みの方、お問い合わせ下さい。
お問い合せフォーム:http://www.garage-fukuda.jp/postmail/contact.html

『有限会社 ガレージフクダ』
http://www.garage-fukuda.jp
〒321-2344 栃木県日光市猪倉3625
TEL:0288-26-1437 / 営業時間:AM10:00〜 / 定休:火曜・祝日
posted by Dr.Peugeot at 12:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | CITROEN
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187844565
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
プジョーシトロエンアルファロメオルノーフォルクスワーゲンボルボFIATBMWMINICOOPERラテン車
栃木宇都宮群馬茨城水戸埼玉福島山形仙台東京神奈川メンテナンス