2020/07/02 Thu

アバルトプントエヴォ エアコンガス漏れ修理

こんにちは。
栃木県のプジョー・シトロエン・その他輸入車全般のメンテナンスショップ『ガレージフクダ』です。
今回のお話しは、アバルトプントエヴォ 2012年車、エアコンホースからのガス漏れ修理です。
DSC01459-s.jpg

まずフロントバンパーの取り外しです。
DSC01471-s.jpg

アバルト(フィアット)純正エアコンホースです。
エアコンホースは全部で3本使用しています。
Oリングとホースの取り付け金具が付属しており親切です。
DSC01454-s.jpg

赤矢印がガス漏れ箇所です。
輸入車はだいたいこのカシメの部分からガス漏れしますね。
DSC01493-s.jpg

もう1本のホースもカシメからのガス漏れです。
赤矢印の箇所です。
DSC01512-s.jpg

こちらは亀裂からの漏れです。
DSC01509-s.jpg
DSC01563-s.jpg
DSC01564-s.jpg

コンデンサーからホースの取り付けです。
DSC01542-s.jpg

エキスパンションバルブへ。
DSC01541-s.jpg
DSC01515-s.jpg

コンデンサーからアルミタンク付きホースへ。
DSC01549-s.jpg

エンジンの裏を廻りコンプレッサーへ。
DSC01532-s.jpg

エアコンコンプレッサーへ。
DSC01518-s.jpg

エアコンホース交換が終わり、真空引きです。
DSC01574-s.jpg

その間にお客様ご依頼のLLC交換です。
DSC01579-s.jpg
DSC01581-s.jpg

LLCはMercedes-Benzアンチフリーズを使用。
DSC01589-s.jpg
DSC01590-s.jpg
DSC01593-s.jpg

真空引きが終わり、ガスチャージして完了です。
DSC01604-s.jpg

走行距離は60972Kmです。
DSC01649-s.jpg

修理後のエアコンは寒いくらい効くようになりました。
これからの季節を快適に過ごせそうですね。

アバルトの修理・メンテナンスでお悩みの方、お問い合わせ下さい。
お問い合せフォーム:http://www.garage-fukuda.jp/postmail/contact.html

『有限会社 ガレージフクダ』
http://www.garage-fukuda.jp
〒321-2344 栃木県日光市猪倉3625
TEL:0288-26-1437 / 営業時間:AM10:00〜 / 定休:火曜・祝日
posted by Dr.Peugeot at 11:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | ABARTH
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187646870
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
プジョーシトロエンアルファロメオルノーフォルクスワーゲンボルボFIATBMWMINICOOPERラテン車
栃木宇都宮群馬茨城水戸埼玉福島山形仙台東京神奈川メンテナンス