2019/12/11 Wed

プジョー306S16(N3) エンジンルームから煙

こんにちは。
栃木県のプジョー・シトロエン・その他輸入車全般のメンテナンスショップ『ガレージフクダ』です。
今回のお話しは、プジョー306S16 1994年車、エンジンルームから煙が出たためレッカーでご入庫です。
DSC08479-s.jpg

ボンネットを開けるとエアコンのガスの臭いがしました。
ドライブベルトを外しエアコンコンプレッサーを見てみると、コンプレッサーのマグネットクラッチプーリーが脱落していて、今にも外れそうな感じでした。
煙はエアコンコンプレッサーがロックしドライブベルトの摩擦で煙が出たと推測します。
エアコンコンプレッサー本体の取り外しです。
DSC08506-s.jpg
DSC08511-s.jpg

画像左が新品エアコンコンプレッサーです。
DSC08641-s.jpg

現車に取り付けです。
DSC08650-s.jpg

画像左が新品Oリングです。
DSC08654-s.jpg
DSC08656-s.jpg

エアコンパイプの取り付けです。
DSC08658-s.jpg

画像右が新品ドライブベルトです。
DSC08663-s.jpg

現車に取り付けです。
DSC08666-s.jpg

エアコン真空引きです。
DSC08669-s.jpg

ガスチャージです。
DSC08676-s.jpg

走行距離は180871Kmです。
DSC08679-s.jpg

煙が出たと聞いて心配しましたが、大事に至らず良かったです。
オーナー様も大変お気に入りのプジョー306S16N3、貴重な車になってきました。
これからも大切にお乗りください。

プジョーの修理・メンテナンスでお悩みの方、お問い合わせ下さい。
お問い合せフォーム:http://www.garage-fukuda.jp/postmail/contact.html

『有限会社 ガレージフクダ』
http://www.garage-fukuda.jp
〒321-2344 栃木県日光市猪倉3625
TEL:0288-26-1437 / 営業時間:AM10:00〜 / 定休:火曜・祝日
posted by Dr.Peugeot at 12:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | PEUGEOT
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186880177
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
プジョーシトロエンアルファロメオルノーフォルクスワーゲンボルボFIATBMWMINICOOPERラテン車
栃木宇都宮群馬茨城水戸埼玉福島山形仙台東京神奈川メンテナンス