2019/08/01 Thu

プジョー205GTI リアハブベアリング&クーラーガス漏れ修理

こんにちは。
栃木県のプジョー・シトロエン・その他輸入車全般のメンテナンスショップ『ガレージフクダ』です。
今回のお話しは、プジョー205GTI 1987年車、リアハブベアリングとクーラーガス漏れ修理です。
DSC04946-s.jpg

リア左右ハブベアリングのガタで交換です。
DSC04954-s.jpg

左側です。
DSC04955-s.jpg

右側です。
DSC04958-s.jpg

グリースが無くなっていました。
DSC04960-s.jpg
DSC04968-s.jpg

プレス機でベアリングの取り外しです。
DSC04970-s.jpg
DSC04979-s.jpg

黄色矢印は新品ベアリングセットです。
DSC04987-s.jpg

左右ベアリング圧入です。
DSC04998-s.jpg
DSC05001-s.jpg
DSC05003-s.jpg
DSC05006-s.jpg

右側です。
DSC05008-s.jpg
DSC05009-s.jpg
DSC05011-s.jpg
DSC05014-s.jpg

リア左右ベアリングの交換完了です。
DSC05032-s.jpg
DSC05034-s.jpg

次にクーラーガス漏れの修理です。
ガス漏れ箇所は低圧ホースです。
DSC05055-s.jpg
DSC05059-s.jpg
DSC05064-s.jpg

黄色矢印の箇所から漏れていました。
DSC05065-s.jpg

協力外注さんにレシーバータンクのオーバーホールと低圧ホースの修理を依頼しました。
DSC05067-s.jpg

現車のレシーバータンクです。
DSC05072-s.jpg

オーバーホールし戻ってきたレシーバータンクです。
DSC05777-s.jpg

低圧ホースはこのような形になりました。
DSC05785-s.jpg
DSC05781-s.jpg
DSC05782-s.jpg

現車にレシーバータンクと低圧ホースの取り付けです。
Oリングも同時交換です。
DSC05779-s.jpg
DSC05793-s.jpg
DSC05800-s.jpg
DSC05804-s.jpg
DSC05805-s.jpg

取り付け後、真空引きしガスチャージして完了です。
DSC05806-s.jpg

133466Kmです。
DSC05829-s.jpg

これでこれからの季節も乗り越えられますね。

プジョーの修理・メンテナンスでお悩みの方、お問い合わせ下さい。
お問い合せフォーム:http://www.garage-fukuda.jp/postmail/contact.html

『有限会社 ガレージフクダ』
http://www.garage-fukuda.jp
〒321-2344 栃木県日光市猪倉3625
TEL:0288-26-1437 / 営業時間:AM10:00〜 / 定休:火曜・祝日
posted by Dr.Peugeot at 11:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | PEUGEOT
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186261135
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
プジョーシトロエンアルファロメオルノーフォルクスワーゲンボルボFIATBMWMINICOOPERラテン車
栃木宇都宮群馬茨城水戸埼玉福島山形仙台東京神奈川メンテナンス