2019/03/30 Sat

シトロエン2CVチャールストン ステアリングラック・アームベアリング交換

こんにちは。
栃木県のプジョー・シトロエン・その他輸入車全般のメンテナンスショップ『ガレージフクダ』です。
今回のお話しは、シトロエン2CVチャールストン 1987年車、ハンドルが左右にフラつきまともに直進できないとのことで入庫です。
原因はステアリングラックとアームベアリングの劣化でした。
DSC03563-s.jpg

フロントバンパーと左右フェンダーの取り外しです。
DSC03564-s.jpg
DSC03570-s.jpg

ステアリングコラムの取り外しです。
DSC03586-s.jpg
DSC03702-s.jpg
DSC03706-s.jpg

ステアリングコラムのジョイントスクリューが摩耗していました。
DSC03679-s.jpg
シャフトの取り外しです。
右側です。
DSC03597-s.jpg

クラウンナットの取り外しです。
DSC03604-s.jpg

クラウンナットとオイルシールです。
DSC03607-s.jpg
DSC03611-s.jpg
DSC03612-s.jpg
DSC03616-s.jpg
DSC03617-s.jpg

ベアリングはサビサビでした。
DSC03631-s.jpg

左側も同様です。
シャフトの取り外しです
DSC03623-s.jpg
DSC03624-s.jpg
DSC03625-s.jpg
DSC03627-s.jpg
DSC03628-s.jpg
DSC03630-s.jpg

左右シャフトの清掃です。
DSC03646-s.jpg
DSC03647-s.jpg
DSC03648-s.jpg
DSC03649-s.jpg

海外より入手した、シャフトベアリング、オイルシール、クラウンナットです。
DSC03682-s.jpg

ステアリングラックAssyが外れました。
黄色矢印の場所がガタガタです。
DSC03650-s.jpg

ステアリングラックAssyは海外よりリビルト品を入手しました。
下がリビルト品です。
DSC03668-s.jpg

現車にステアリングラックAssy取付けです。
DSC03722-s.jpg
DSC03724-s.jpg

シャフトベアリング圧入、調整です。
左側です。
DSC03733-s.jpg
DSC03735-s.jpg

右側です。
DSC03736-s.jpg
DSC03738-s.jpg

左右ドライブシャフトの取付けです。
DSC03742-s.jpg
DSC03743-s.jpg

右側中間のブーツ劣化で亀裂がありましたので、ボンド補修しました。
DSC03747-s.jpg
DSC03748-s.jpg
DSC03760-s.jpg
DSC03768-s.jpg

走行距離は74938Kmです。
DSC03754-s.jpg

整備完了後、ロードテストへ。
ハンドルの遊びが格段に減り、本来の状態に戻りました。

シトロエンの修理・メンテナンスでお悩みの方、お問い合わせ下さい。
お問い合せフォーム:http://www.garage-fukuda.jp/postmail/contact.html

『有限会社 ガレージフクダ』
http://www.garage-fukuda.jp
〒321-2344 栃木県日光市猪倉3625
TEL:0288-26-1437 / 営業時間:AM10:00〜 / 定休:火曜・祝日
posted by Dr.Peugeot at 18:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | CITROEN
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185787583
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
プジョーシトロエンアルファロメオルノーフォルクスワーゲンボルボFIATBMWMINICOOPERラテン車
栃木宇都宮群馬茨城水戸埼玉福島山形仙台東京神奈川メンテナンス