2015/11/26 Thu

ニッサン エルグランド 雪の季節を迎える前に

こんにちは。
栃木県のPEUGEOT.CITROEN.EUROPEAN CAR.ラテン車修理,メンテナンスのガレージフクダです。

今回のお話しは、ニッサン エルグランド、冬の間に付着した融雪剤をクリアする為、下廻りのシャシー洗浄およびペイントです。
DSC00337-s.jpg

下廻り洗浄およびペイント前の状態です。
DSC00338-s.jpg
DSC00340-s.jpg
DSC00341-s.jpg

まず下廻りをスチーム洗浄し、付着した融雪剤や汚れを落します。
エアガン等で十分に水分を飛ばしたら、サビを落としてペイントです。

ペイントに使うシャシーブラックは色々な物を試しましたが、このVOLVOシャシーブラックが一番融雪剤に強いですね。
マフラーのペイントは、ソフト99コーポレーションの600度耐久耐熱ペイントシルバーを使用。
DSC00344-s.jpg
DSC00382-s.jpg
DSC00370-s.jpg
DSC00363-s.jpg
DSC00368-s.jpg
DSC00372-s.jpg
DSC00384-s.jpg

お客様からアンダーカバーの表裏のペイントもご依頼受けましたので、ペイントです。
DSC00392-s.jpg
DSC00394-s.jpg

VOLVOシャシーブラックは乾燥に時間が掛かるので、このまま乾燥させます。
今回はお客様のご希望もあり、3度塗りで塗膜を厚くしました。

VOLVOシャシーブラックを塗布した車は、その後ほとんどサビの発生がありません。
融雪剤が撒かれた道路をよく走る方は、融雪剤によるサビでパーツ交換を余儀なくされないよう、雪の季節の前後に洗浄とペイントをお勧めします。
posted by Dr.Peugeot at 20:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | Other Cars
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/168578198
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
プジョーシトロエンアルファロメオルノーフォルクスワーゲンボルボFIATBMWMINICOOPERラテン車
栃木宇都宮群馬茨城水戸埼玉福島山形仙台東京神奈川メンテナンス