2015/03/23 Mon

アルファロメオ156 スポーツワゴン時々エンジン不動

こんにちは。栃木県のPEUGEOT.CITROEN.EUROPEAN CAR.
ラテン車修理,メンテナンスのガレージフクダです。

今回のお話しは、2004年 アルファロメオ156スポーツワゴン

お客様が、午前中にエンジンを始動しようとしても全く
エンジンが始動しない状態。時間をおいて午後になって
エンジンは始動したそうですが弊社に来る途中、信号で
停車の際に路上でエンストもあり入庫しました。

テスターでみてみると故障コードが2つ入ってました。
1つは、CAT前O2センサー2信号(遅い)
もう1つは、エンジンスピードセンサー回路です。
DSC06274-s.jpg
DSC06278-s.jpg

クランク角センサーの取り付け位置は、エンジン裏側の
セルモーターの下側です。(黄色矢印です)
クランク角センサーの配線カプラーや配線を点検。
クランク角センサー本体不良でした。
新品に交換です。左側新品のクランク角センサーです。
DSC06383-s.jpg

新品のクランク角センサーを現車に取り付け。
DSC06385-s.jpg
DSC06386-s.jpg

次にO2センサーです。
エンジンを始動し実際にテスターでO2センサーの動きを見る
と確かに遅いです。
フロントO2センサーは、2つ付いています。
DSC06275-s.jpg
DSC06276-s.jpg

新品のO2センサー。中央の2個です。
DSC06388-s.jpg

O2センサー2個を、現車に取り付け。
DSC06392-s.jpg

最後にロードテストです。
エンストもなくなり安心して走行が出来ました。
走行距離は、90,669Kmです。
DSC06394-s.jpg
アルファロメオの修理、メンテナンスでお悩みの方お問い合わせ
下さい。


『有限会社 ガレージフクダ』
http://www.garage-fukuda.jp
〒321-2344 栃木県日光市猪倉3625
TEL:0288-26-1437 / 営業時間:AM10:00〜 / 定休:火曜・祝日
posted by Dr.Peugeot at 15:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | ALFA ROMEO
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/115578793
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
プジョーシトロエンアルファロメオルノーフォルクスワーゲンボルボFIATBMWMINICOOPERラテン車
栃木宇都宮群馬茨城水戸埼玉福島山形仙台東京神奈川メンテナンス