2014/08/18 Mon

フィアットX1/9セミレストアその3

こんにちは。栃木県のPEUGEOT.CITROEN.EUROPEAN CAR.ラテン車修理の
ガレージフクダです。
今回のお話しはフィアットX1/9セミレストアその3
完結編です。
今回は電装品の交換がメインとなります。
01-s.jpg

セルモ−タ−とオルタネ−タ−を外注にてオ−バ−ホ−ル。
オルタネ−タ−は国産品を改造しました。
66-s.jpg

外注先から帰って来たオ−バ−ホ−ル済みセルモ−タ−。
DSCF0134-s.jpg

現車に取り付けます。
DSCF0135-s.jpg

触媒は詰まりで新品に交換です。上が新品です。
102-s.jpg

現車に取り付けです。
103-s.jpg

一通り終わり、ロ−ドテストに行きますが、
エンジンの吹け上がりにいまいち伸びがありません。
どうやらディスビが進角しないようです。
よって、電装品の交換です。
イグニッションコイル、ディスビAssy、
ディスビキャップ、ディスクロ−タ−、レジスター、
バキュームコントロールアドバンスユニットを交換です。
105-s.jpg
118-s.jpg
1121-s.jpg
115-s.jpg

全ての交換が終わり、エンジン調整して完了です。
車検にも無事受かり、ナンバ−を取得しました。
約8ヶ月の作業でした。
DSCF0262-s.jpg
フィアットX1/9の修理、メンテナンスでお悩みの方お問い合わせ
下さい。

『有限会社 ガレージフクダ』
http://www.garage-fukuda.jp
〒321-2344 栃木県日光市猪倉3625
TEL:0288-26-1437 / 営業時間:AM10:00〜 / 定休:火曜・祝日
posted by Dr.Peugeot at 14:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | FIAT
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/102303198
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
プジョーシトロエンアルファロメオルノーフォルクスワーゲンボルボFIATBMWMINICOOPERラテン車
栃木宇都宮群馬茨城水戸埼玉福島山形仙台東京神奈川メンテナンス