2014/07/31 Thu

フィアットX1/9セミレストアその1

こんにちは。栃木県のPEUGEOT.CITROEN.EUROPEAN CAR.ラテン車修理の
ガレージフクダです。
今回のお話しは今から34年前の旧車フィアットX1/9〈1980年式〉(旧車)の
セミレストア作業を、数回に分けて書きたいと思います。

この作業は、
今から9年前に行ったセミレストアですが、
その当時、パソコンが故障していまい、
ブログに書けずにいました。
先日そのパソコンからデータを取り出すことに
成功しましたので、当時を思い出しながら書いてみます。

ユ−ザ−様が新車で購入し、乗らなくなったので
廃車にして約25年もの間、蔵に保管していたそうです。
それを消耗品交換して車検を取得し、
ナンバーを付けて下さいというご依頼でした。
01-s.jpg

入庫時はこんな感じでした。
画像に多少ピンボケがありますが、ご勘弁下さい。
まずはブレ−キディスク回りです。
02-s.jpg
04-s.jpg
06-s.jpg
08-s.jpg

ショックアブソーバーの状態。
03-s.jpg
05-s.jpg
07-s.jpg
09-s.jpg

エンジンル−ムはこんな感じでした。
10-s.jpg
10 -s.jpg

作業に入ります。
まずはゴム類の交換です。エンジンを取り外します。
11-s.jpg
12-s.jpg
13-s.jpg
14-s.jpg
15-s.jpg

タイミングベルト、テンショナー交換。
16-s.jpg
17-s.jpg
20-s.jpg
21-s.jpg

ウォ−タ−ポンプとマウントの交換。
18-s.jpg
19-s.jpg

次はバキュームホースなどのホ−ス類の交換。
23-s.jpg

フュ−エルホ−スとフィルターの交換。
24-s.jpg
25-s.jpg

フュ−エルポンプの交換。
69-s.jpg

次にウォ−タ−ホ−ス類の交換。
29-s.jpg

ウォ−タ−ポンプの裏側パイプがサビていたので
サビ取りペイントを行います。
54-s.jpg
55-s.jpg
56-s.jpg
64-s.jpg

二次空気のホ−ス交換。
61-s.jpg
 59-s.jpg
60-s.jpg

エア−ポンプのホース交換。
62-s.jpg

スパ−クプラグの交換。
70-s.jpg

水漏れあとがあったのでラジエタ−を取り外し、外注へオーバーホールを依頼。
41-s.jpg
42-s.jpg
DSCF0138-s.jpg
DSCF0141-s.jpg
DSCF0145-s.jpg
DSCF0139-s.jpg

オーバーホールされたラジエタ−。
82-s.jpg
83-s.jpg

ラジエーターを車体に取り付け、
ラジエタ−アッパーホ−スとロアホ−スも交換。
1122-s.jpg

次にキャブレターオ−バ−ホ−ルです。
44-s.jpg
45-s.jpg
47-s.jpg
49-s.jpg
50-s.jpg
51-s.jpg

次は足回りの交換。
ショックアブソーバーは海外発注でパ−ツを入手したのに
なぜか日本のカヤバ製が届きました。
85-s.jpg
87-s.jpg
86-s.jpg
88-s.jpg

その2へ続きます。
(次回ブッシュ・ディスクロ−タ−・パット・ディスビ・
 コイル・ブレ−キマスタ−・クラッチレリ−ズ・
 ドライブシャフト・M/Tマウント・エンジンマウント交換・
 オルタネ−タ−国産化・セルモ−タ−)



『有限会社 ガレージフクダ』
http://www.garage-fukuda.jp
〒321-2344 栃木県日光市猪倉3625
TEL:0288-26-1437 / 営業時間:AM10:00〜 / 定休:火曜・祝日
posted by Dr.Peugeot at 20:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | FIAT
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/101984974
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
プジョーシトロエンアルファロメオルノーフォルクスワーゲンボルボFIATBMWMINICOOPERラテン車
栃木宇都宮群馬茨城水戸埼玉福島山形仙台東京神奈川メンテナンス